サイトメニュー

エラを小さくする美容整形

カウンセリング

骨や筋肉を切除することで顔を小さくする

ダイエットをしても顔だけ大きいまま、顔の輪郭が四角くてそれがコンプレックスという人も、多いのではないでしょうか。このようなタイプの人はエラ部分にある骨や筋肉が、過剰に発達していて顔が大きく見えている可能性が高いです。食べ物を口に入れて噛む際にエラ部分が大きくボコッと膨らむ場合は、咬筋というエラ部分にある筋肉が大きく発達しているのが、大顔に見える原因と言われています。噛みしめても筋肉の盛り上がりが感じられない場合だと、エラ骨から筋膜にかけてある外板とい骨自体が大きいため、大顔になったり顔が四角く見えてしまうようです。骨や筋肉が大きいことで大顔に見えるという人が美容整形で小顔にするなら、外板切除や咬筋切除といった美容整形が向いています。外板切除は口腔内を数センチ切開をした後、専用の機械を使い外板自体を切ったり削るという手術を行います。全身麻酔となる美容整形ですが骨自体を小さくすることができるので、小顔効果に優れており確実に顔を小さくすることが可能です。フェイスラインに沿ってエラ部分にある骨を小さくするため、小顔になれるのはもちろん美しいフェイスラインとなります。咬筋切除はこの手術単体で行うことは少なく、外板切除と同時に行うというケースが一般的で、両方行えばかなりの小顔効果が期待できます。
エラ部分の骨を切ったり削る外板切除や、筋膜という筋膜を切除する咬筋切除といったエラ削りの小顔整形を受ける場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。多くの人がご存じですが美容外科クリニックで受ける美容整形は、健康保険が適用されず治療にかかった費用は全て自己負担となります。ですので、小顔整形を行うという場合も事前にどのくらいの費用がかかるのかは、必ずチェックしておきたいポイントです。外板切除や咬筋切除は全身麻酔となる大掛かりな小顔整形で、さらには難易度も高いと言われているのでクリニック選びは慎重に行う必要があります。また平均的な相場を知っておくことで極端に金額が高すぎる、逆に安すぎるクリニックを避けることもできるようになります。あまりに金額が高すぎるクリニックだと金銭的な負担が大きくなりますが、安すぎるクリニックも安全性や信頼性を考えると避けた方が無難です。外板切除は大きくエラ部分の骨を削るということもあり、費用の相場も約130万円前後と小顔整形としては高めの金額設定となっています。咬筋切除は40万円前後が相場ですが外板切除と同時に行うのが一般的ですので、最終的には170万円程の費用がかかることになるでしょう。

Copyright© 2019 顔が小さい人について特徴やメリットなど徹底検証 All Rights Reserved.