サイトメニュー

魅力ある顔になるには

女性

効果と基礎知識を知る

現代の女性たちは、顔が小さくなることに憧れています。小顔になることにより男性にモテる可能性が高いからです。それ以外にも、顔が小さくなることにより見た目がよくなるということもあるかもしれません。いずれにしても、小顔になることに憧れている女性が多いです。小顔にするためには、いくつかの方法がありますがその中でもボトックス注射が割と気軽な方法として知られています。ボトックス注射の特徴は、ボツリヌス菌を注入することにより筋肉の縮小を目指すものです。筋肉を縮小することにより、エラの部分を小さくすることができるようになります。もともとエラが張っている人で、筋肉が膨らんでいる場合に最も有効な方法の1つと言えるでしょう。この効果は、2日目あたりから徐々に現れ始めます。人によって個人差がありますので、2日経過してもすぐに変化が出ない人もいることを知っておきましょう。人によっては、1週間以上経過しないと効果が出ないようなこともあるわけです。ちなみに、この効果が持続するのはおよそ3ヶ月から半年ほどです。これも、やはり人よって違いがありますのでどれぐらいになるかは担当医師でもなかなか分かりません。それ以外には、骨を削る方法があります。この効果はボトックス注射の場合と異なり半永久的と言えるでしょう。
小顔にする場合には、ボトックス注射が人気ですが、この注射を打つときに知っておきたい事は、どのぐらい痛みが伴うかです。筋肉にボトックス注射を打ちますので、肌の表面ではなく正面の奥にある筋肉まで注射針を届くようにしなければいけません。そうすると、痛いと感じるかもしれないですが、実際には小顔にするための注射には様々な工夫がなされており、昔より痛みが減少している傾向があるのです。具体的にどのような方法で痛みをとっているかと言えば、1つは注射針を極細にすることにより痛みをとっています。従来の注射針の半分以下の直径で、刺さってもわからない程度の感覚になります。例えば、蚊に刺された場合には痛みが伴いませんがそれと同じような仕組みです。次に、十分な麻酔をすることにより痛みを取る方法があります。しかし、麻酔自体が注射になっていますので、少し工夫をして痛み止めのシールなどを先に貼り、その後注射するとほとんど痛みが伴いません。それ以外の方法は、ボトックス注射の中に麻酔を入れてしまう方法です。そうすると、最初はちょこっと痛みがあるかもしれませんが次第に神経が麻痺してくることがわかります。もし気になる場合は、痛み止めのシールなどを貼ってから注射をすればほとんど刺激を感じる事はありません。

Copyright© 2019 顔が小さい人について特徴やメリットなど徹底検証 All Rights Reserved.